東京ディズニーリゾートをいかに楽しく効率よく遊びつくすか。
そしていかに在宅副業で舞浜への旅行代を稼ぐか日夜研究しております!
まだまだ未熟者ですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです!
相互リンク、ツィッターフォロー大歓迎です♪宜しくお願いします(^O^)

事前準備編

もてく流東京ディズニーリゾート攻略術 ~事前準備編~その9 暑さ対策②

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

戸別宅配トライアル申込



もてく(@moteq2012)です!



もてく流東京ディズニーリゾート攻略術 ~事前準備編~その9 暑さ対策②



今回も暑さ対策を考えていきたいと思います。


②最適な服装
 
 これは東京ディズニーリゾートでの滞在に限らず、

 一般的な熱中症対策ですね。


 帽子などの被り物は日中必須となりますし、
 
 首も必ず日差しから守りたいですね。
  
 近年は濡らすと暫くヒンヤリするスカーフ? タオル?(笑)などを
 首から巻いている方をよく見かけます。

 くっと首に巻けるモノがいいですね。

 アトラクションに乗る時も安心です。


 折りたたみ日傘もかなり有効。

 体感が違います。

 急な雨にも対応できますし。


 急な雨に打たれたり、

 屋内外の温度差、

 1日遊ぶことでの疲労などの合わせ技で、

 若い男性でも体調を崩されることもあるでしょう。

 できる対策は是非とってほしいと思います。

 自分のオシャレを維持しつつ十分策はとれるはず。


③前日の十分な睡眠

 楽しみで寝つけない気持ちはよーくわかりますwもてくもですw

 わかりますから、寝てくださいw横になり目を閉じてくださいw

 ある意味、寝不足が一番の敵かもしれません。


 もてく的には、意外と、
 
 翌日のパークでの行動プランを最初から脳内シミュレーションしてみると

 案外途中で眠りに落ちることができていますw


 と言っても、遠方から夜通し車を走らせてくる方もいらっしゃるでしょう。

 その場合は、パーク内の大型レストランでなんとか席をとり、仮眠。

 ホテルが近隣であれば、仮眠に戻ることを強くおススメします。

 楽しい滞在、安全な帰り道の為です



④意識して休憩タイムを入れていく

 短時間でもいいので組み込んでいきましょう。

 特に動きの激しいアトラクションの後などに

 意識的に小休憩を入れます


 特に、ビッグサンダーマウンテンやスペースマウンテン、
 
 スターツアーズ
などですね。

 ディズニーパークに来れて嬉しい気持ちが強過ぎて、

 普段なら気づける体からのサインに気づけない場合があります。

 ほんとはしっかり酔っているのに気づけないなど、、

 お子さんや学生さんを中心に注意が必要です。


⑤万が一の時に備えたグッズ

 ポケットティッシュ(のぼせての鼻血などに備え多めに)
 エチケット袋の用意
 酔い薬
 冷えピタシート

 などなど。

 重いものではないので怠らず持っていきたいですね。

 夏の来園に限りませんが、常備薬は必ず持っていきましょう。


⑥パーク側への頼り方を知っておく

 気分が悪くなった時どうすればよいのか?

 救護室の場所、利用の仕方など知っておくとよいでしょう。


 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーそれぞれに1ヶ所ずつ、

 「中央救護室」という場所があり、ここは私たち自身で訪れることができます。


 開いている時間もその日の運営時間をカバーしています。


 その他の救護室はパークの表側にはないので、

 必要を感じた時点で下手に動かず、近くにいる係の方に声をかけるのがベスト。


 開いている時間は「日中」という感じのようなので、

 日没後は前述の中央救護室を頼ることになりますので、

 自分の体の具合をしっかりチェックして、無理せず楽しく過ごしましょう。


 ちなみに救護室という場所は「お医者さん」はいらっしゃらず、

 当然クスリを取り揃えている場所ではないのでご注意を。

もてく流東京ディズニーリゾート攻略術 ~事前準備編~その8 暑さ対策①

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

戸別宅配トライアル申込


水分+塩分の補給が大切らしいです!
もてく(@moteq2012)です!



もてく流東京ディズニーリゾート攻略術 ~事前準備編~その8 暑さ対策①



さて、前回の「暑さの原因」を踏まえて、

対策を考えていきたいと思います。


①大量の水分
 
 夏の来園で飲み物を持たず入園するのはかなり危険です。

 東京ディズニーリゾートに到着するまでにもかなり水分を消費しますので、

 家から持っていくのが基本でしょう。


 500mlペットボトルが携帯性もよくポピュラーですが、

 おそらくあっという間に飲みきってしまうでしょうね。

 パーク内の水飲み場で補充し、帰りには捨てて帰ってくるというのは

 いい手段だと思います。


 バッグに入るようであれば1L以上の大きなペットボトルでもいいのではないでしょうか。

 現状、ペットボトルはパーク内でも販売されていますので、

 持ち込みを止められることはありません。


 凍らせたペットボトルを持っている方も見かけたことがありますw

 家からなのか、来る途中のコンビニなのかわかりませんが、

 本気さがうかがえますね!グッドです!ww


 バッグに入るような一般的なサイズの水筒も持ち込みです。

 やはり冷たい飲み物で喉を潤いたいという方はいいでしょうが、

 一日持ち歩くとなると重さが響いてくるかもしれません。


 クーラーBOXに関してはかなり小型のものであればOKだったかと思いますが、

 何センチ四方までかは

 東京ディズニーリゾートインフォメーションセンター
 0570-00-8632

 に尋ねてみるとよいでしょう。
 
 何年から前からカメラなどを入れるジュラルミンケースも

 持ち込み禁止になってますし、

 持ち込み規制の基準などは変わる可能性があります。

 昨日までよかったサイズのクーラーBOXが

 今日からNGなんてこともあり得なくはないのでご注意ください。
 
 
 水筒やクーラーBOXを持っていくにせよ、

 単純に量を増やすのには持ち運べる重量に限界があるので、

 補充が必要ですね。

 水飲み場の活用が必須というわけです。

 今回は東京ディズニーランドの中の水飲み場をエリアごとにいくつかご紹介します。 
  (全ヶ所ではありません。現地で最寄りの場所を知りたい時は係の方に尋ねましょう)
 

 プラザ

  ガゼボと呼ばれる庭園などにある眺望・休憩用建屋にあります。
  2カ所あり、
  トゥモローランド側は2階建てバスのオムニバスの乗り場、
  アドベンチャーランド側はパレード時車椅子ご利用の方のエリアとなってます。


 アドベンチャーランド

  アドベンチャーランド・バザール近く

  チャイナボイジャー入り口近くトイレ寄り

  スイスファミリーツリーハウスの入り口向かって左に回りこんだところ


 ウエスタンランド

  白雪姫と7人のこびとの井戸近く(パレードルート寄り)

  そこからパレードルートに出てほんの少しだけwカントリーベア・シアター方向に歩いたところ

  ハングリーベア・レストラン内(小さい紙カップあり)

  シューティングギャラリー近く


 クリッターカントリー

  スプラッシュ・マウンテンの入り口あたり。


 ファンタジーランド

  ホーンテッド・マンションの入口とファストパス発券所の間 

  アリスのティーパーティーの入口からフィルハーマジック寄りにいったところ

  ピノキオの冒険旅行前

 
 トゥーンタウン

  エリア内唯一のトイレ(ガソリンスタンド横)の横


 トゥモローランド

  スタージェット近く(喫煙所横) 
 

 紙カップで水が欲しい時は最寄りのレストラン施設に申し出ればいただくこともできます。

 おそらく氷もいただけます。

 特に「あつけに当たったかも」と感じたらお願いしてみるといいと思います




もてく流東京ディズニーリゾート攻略術 ~事前準備編~その7 暑さの原因

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
喉の渇きを覚える前に飲むのが基本ですよ!
もてく(@moteq2012)です!



もてく流東京ディズニーリゾート攻略術 ~事前準備編~その7 暑さの原因



今回は夏の東京ディズニーリゾートを満喫する為に

絶対欠かせない暑さ対策です。


ご存じの方も多いかと思いますが、

夏の東京ディズニーリゾート、暑いです!ww

逃げ場があまりありませんw


に面しているイメージ、

大量のを使った清涼イベントや、

多様なシェイブアイス(かき氷)、

ミストファン(ハンディ旋風機+霧吹き)などの効果に

期待すると大変なことになります!w


自分たちの身は自分で守るのが、もてく流の基本です!



〇暑さの原因

 ①土手と防風林

  東京ディズニーリゾートは、そのまわりに高さ5mの土手を作り、

  その上に防風林をつくってあると言われています。


  アトラクションの安全な運営、パレード・ショーの実施率向上、

  ゲストの快適な滞在といった目的でしょうが、

 
  本来日常生活で感じられる自然の風を幾分遮っているのも事実。

  すくなからず体感気温はあがってくるでしょう。


  しかし、これは無いものねだりになってしまうので

  どうしようもないですね。


 ②地面の熱の蓄え

  パークの中には川や海があるわけですが、

  全体の面積からすれば、つくられてた地面が多いので、

  ここに熱が蓄えられていきます。


  以前行われていた夏の散水ミニパレード

  「グーフィーのクール・パニック」では、

  フロートが通貨した直後、蒸発する水分が煙のように立ち込め、

  あっという間に地面が乾くという現象をよく見かけました。


  大人より地面に近い、ベビーカーの赤ちゃんや歩く小さなお子様は

  十分ご注意ください。


 ③ゲストの熱

  アトラクションに並んでいる時もパレード・ショーを観る時も、

  他の方との距離が非常に近いんですね。

  その熱気、屋内であれば二酸化炭素wにやられてしまう恐れもあります。


以上の理由などから、

体調を崩してしまう方も多いようです。


実際に夏の東京ディズニーリゾートでは、

直接見かけないとしても、かなりの頻度で、

看護対応があるみたいですので、

気をつけましょう。


次は暑さの対策です。
◆楽天トラベル◆
トイマニTOP

   TDRのお天気

  • ライブドアブログ